sekaiwoyakusu’s blog

世界の"おもしろそう"を日本語に訳します



SEKAIWOYAKUSU

世界の"おもしろそう"を日本語に

「肉体的な魅力は私たちが考えている以上に重要であり、重要じゃない」

スポンサーリンク

 f:id:sekaiwoyakusu:20170416102518j:plain

魅力的な男性がもちあわせている特徴とはなんであろうか?ユーモアのセンス、知性、優しさ、包容力(理解力)、家族を持てる性格であること、外見の良さなどがあげられることが多い。それでは、あなたが男性を異性として、もしくは将来のパートナーとして評価するときに最も重要な要素は何であろうか?

調査(Apostolou, 2011; Apostolou, 2015; Buss et al., 2001; Perilloux et al., 2011)によると、一貫して外見の良さを前述の他の特徴よりも重要であると考えられていることが分かっている。しかし、アンケートによってこういった魅力的な男性の特徴をランク付けした結果は、私たちが実際に男性とデートや食事をする際に感じることを反映していないかもしれない。

数ヶ月前に私は、友人のルージーと一緒にいた。そのとき、ルージーは出会い系サイトに登録している男性のプロフィール写真を閲覧していた。以前、ルージーは「外見の良さはそれほど重要じゃないけれど、ユーモアのセンスがあることは絶対条件だわ」と語っていた。ルージーが先ほど私が列挙した魅力的な男性の特徴のすべてを重要だと考えていることは、間違いないだろう。しかし、出会い系サイトで男性プロフィール写真を見て、「この人は素晴らしいユーモアのセンスをもってそう」だとか、「この人はとても親切そうにみえる」と言ったことは一度たりともないだろう。私たちが出会い系サイトで男探しをやめるのは、肉体的に魅力的な男性のプロフィール写真をみつけたときだ。

肉体的な魅力は私たちが考えている以上に重要である

肉体的な魅力は、私たちを健康的で、適切な年齢にあり、子孫を残すための生殖能力をもつ男性へと導いてくれる門番のような役割を果たしているようだ(Weeden and Sabini, 2005)。そして、私たちが現実世界で実際にデートや食事をする男性を選択する際の決断は、その男性の外見が大きな影響を及ぼしているという研究結果が報告されている。私たちは、自らにとって魅力的な男性との交際を追求するを選択してきたのだ(Luo and Zhang, 2009; Kurzban and Weeden, 2005; Thao et al., 2010)。

男性(ゲイであれ、ストレートであれ)は、女性(レズビアンであれ、ストレートであれ)よりも肉体的な魅力の重要性を意識的に認識しているようだ(Lippa, 2007)。しかし、実験的な調査と出会い系サイトから得たデータによると、肉体的な魅力は男性と女性にとって同じ程度に重要であることを示している。さらに、ある異性とデートをするか、しないかの決断を下す際に勘案する要素として肉体的な魅力は、性格、学歴、知性といった他の特徴よりも重要である傾向があることが分かっている(Eastwick et al., 2011; Eastwick and Finkel, 2008; Luo and Zhang, 2009; Kurzban and Weeden, 2005; Sprecher, 1989; Thao et al., 2010)。肉体的な魅力は、私たちにとって非常に重要な要素である。なぜなら、私たちは外見の良さと他のポジティブな特徴を関連付けるからだ。例えば、魅力的な個人は、魅力的ではない個人と比べるとより幸せで、人生においてより高い満足感を得られることが見込まれている(Dion et al., 1972; Griffin and Langlois, 2006)。この肉体的な魅力と他のポジティブな特徴を関連付ける傾向は、異文化間でも起こることが分かっている(Shaffer et al., 2000; Zebrowitz et al., 2012)。

肉体的な魅力は私たちが思っている以上に重要ではない

私たちが意識的に外見的・肉体的な魅力の重要性に気づいていない理由の1つは、私たちは極端に外見的・肉体的に魅力的な異性を必ずしも必要とはしないからだ。私たちが必要とするのは、自らにとって十分なほどに外見的・肉体的に魅力的である異性を欲しているのである。Dion et al.’s (1972)の調査によると、とても魅力的な個人と適度に魅力的な個人は、魅力的でない個人と比べると、よりポジティブに捉えられる傾向にあることが分かっている。これと似たように、Griffin and Langlois’ (2006)の研究によると、外見的・肉体的な魅力の欠如は、ネガティブな印象や要素に結びつくが、外見的・肉体的にとても、もしくは適度に魅力的であれは、これはポジティブな印象や要素として捉えられる。私たちの関心を引くのは、交際する可能性がある異性は、郡を抜いて外見的・肉体的に魅力的である必要はなく、適度に魅力的であれば良いということだ。

”必要なモノ”と”必要以上のモノ”の違いは、私たちが適度な外見的・肉体的な魅力の重要性について理解することの助けとなるだろう(Li et al., 2011)。 Hong-Tao Liらが2011年に行った研究によると、「”必要なモノ”とは、当初はとても魅力・価値があるものだが、それを一度手にすればその魅力・価値は減少する。これに反して、”必要以上のモノ”とは、必要性がなければそこまで重要ではないが、必要なモノのニーズ・欲求が浸されるとより魅力・価値があるモノになる」と解説されている。 

彼らの研究結果は、大部分の人びとは意識的、もしくは無意識的に外見的・肉体的に適度に魅力的であることを”必要なモノ”であると捉えており、より高い外見的・肉体的な魅力は”必要以上のモノ”であると捉えていることが分かった。私たちが「外見的・肉体的な魅力は、それほど重要ではない」と述べる際のこの”外見的・肉体的な魅力”とは、”必要以上のモノ”に当てはまる、スーパーモデルや人気女優がもつ群を抜いた美しさのことを指しており、「必要最低限の外見的・肉体的な魅力は必要ではない」と言っているのではないのだ。

それでは、「適度に外見的・肉体的な魅力」とは、どの程度の魅力なのだろうか? 

「適度に外見的・肉体的な魅力」な交際相手はスーパーモデルである必要はない。しかし、この「適度に外見的・肉体的な魅力」の魅力の具合には、個人差がある。より魅力的な人びとは、より魅力的であると認識する他者は少ない。しかし、その魅力が少ない人びとは、より多く、より広い範囲において他者を魅力的であると認識しする傾向がある(Montoya, 2008)。そして、自分と同じ程度の外見的・肉体的な魅力を共有する他者を見つけることは、それが交際関係に発展した場合、長期にわたって成功する可能性を高めることができる(Feingold, 1998; Fugère et al., 2015)。

しかし、私たちの個人レベル、もしくは私たちの交際相手・パートナーの外見的・肉体的な魅力に理解を深めることは、互いをより好意に思い、より尊重することにつながり、私たちの魅力は自然と増大し、深いものとなっていく(Kniffin and Wilson, 2004)。相手をより長い間にわたり知ることは、より長期的に成功する関係性を構築する、もしくは維持する上で外見的・肉体的な魅力よりも重要なことであるのだ(Hunt et al., 2015)。

 

元記事:Why Physical Attraction Is (and Isn't) So Important

最近読んだ本